2003年5月アーカイブ

2003年5月30日

さよならマーチ

今日研修も終わり。というわけで、新人総勢34名で飲み会。

自分は途中から口に含んだビールを片っ端から口の端からこぼすという狼藉を働いており、何やら色々と迷惑をかけつつ、周りの人にエンガチョな目で見られていたような・・・・・・。

そして、Y君は宴もたけなわになった頃、中国雑伎団よろしく、ダイソーで買ってきた子どもTシャツ(女の子用)(出資:ビブリオ)を無理矢理着込むという芸を披露。比較的冷ややかな視線&失笑をかい、本当にこの2ヶ月間で我々は仲間意識を育むことができたのか、若干不安に・・・・・・。

名古屋・大阪・九州の支部から新人研修に参加していた方々とは、これでしばしのお別れ。といっても、3ヶ月後にフォローアップ研修で再会することになるそうなので、今生の別れというわけではないのですが、感極まって泣き出す婦女子もいた様子。でも、本当に泣きたかったのは身を挺した子どもTシャツ芸であまり受けが良くなかったY君だぜ!!

2003年5月29日

酔夢

2ヶ月に渡って行われてきた研修もいよいよ明日で終わり。というわけで、今日は講義終了後、会社の幹部職員の方々を交えて懇親会が行われました。ビールやウィスキーをたらふく飲んだ後、会場に設置してあったカラオケでY君と一緒に世界の兄貴達を熱唱したり、色々とハッチャケました。

Y君は自分以上にハッチャケており、婦女子を片っ端からお姫様抱っこしたり、抱きついたり、チャックを全開にしたり、「Uさん(人事部長)!僕を採用してくれてありがとう!こんな変態だって分かってたらきっと採用しなかったと思うけど、もう遅いですよ!ヒョッヒョー!」などと、考えられる限りの悪行を働いておりました。

ところで、そんな最中ショックングな事実が判明。あまり話をしないK藤さんに接近し、

「K藤さんってたまにウンコ虫を見るような目で自分のこと見てるよね(笑)」

「私、ビブリオ君のことホモだと思ってた(笑)」

「!?」

「あっ!ホモじゃなくて、女の子に成りたい男の子なのかなぁって(笑)」

「オカマじゃん!!・・・・・・そうそう。女の子なんて興味ないからさぁ、K藤さん今度一緒にお風呂入ったり泊まりっこしようよ。はぁはぁ」

「いや(笑)」

オンラインだと口調が丁寧なのでたま〜〜〜に女性と間違われることもあるのですが、リアルで間違われるのは初めて・・・・・・というか、紳士面してないでもっと積極的に尻でも撫でることにしようかなぁ。

※ビブリオはオカマではなく、女の子大好き(巨乳なら尚良し)な正常な男の子です。

2003年5月26日

明石先輩

駅のホームの吐瀉物はサラリーマンの生きた証

2003年5月25日

男プロ

ひさびさの全滅。しかし、自分のかけたレクイエム効果により道連れに。戦闘には負けたが、勝負には勝った!
パーティーの一人が非常に男らしい人で、TPの報告時のセリフが「俺の一本槍怒張率TP%!」だったり、挑発時のメッセージも「○○○は敵に向かいクイックイッ!と腰を突き出した!」 だったり、プロテア(防御呪文)が切れた時も「男プロ下さい」とリビドー全開な方でした。

2003年5月24日

Mement

血便!ではなく、崩れ落ちるゲイザーの死体。
野良パーティーで戦闘中のこと。戦闘中、一人が脈絡もなく「思い出した!」と叫んだので、皆が「ん?」と聞き返すと・・・・・・

「Vibrioさんってエクスタシーな暗黒さんだ!」

「ふふ。その通りです。そういえば貴方とは昔マウラでご一緒しましたね〜」

「いえ、クフィムとロランです」

「ぎゃふん」

覚えてる人は覚えてるものですねぇ。それにしても、そのまんまな覚え方をされてるんだなぁ・・・・・・。

2003年5月23日

スカトロ・バジーナ大尉

アポージュースにモザイクをかけるとあら不思議。スカトロチックな臭いがモニター越しに届いてきます。
同僚Y君は課題のリーダーを担当しているのですが、心労から血尿&アナルから血便がドバドバという危機的健康状態らしいです。曰く「便器を見たとき、一瞬自分が女の子だと思っちゃいましたよ!」だそうです。

・・・・・・女性の便は毎日血便なんですか?

※「アナルから血便ドバドバ」という表現はadi氏の登録商標です。

2003年5月22日

ホモドック

今朝の3分間スピーチで聞いた情報。鎌倉には通称ホモドックと呼ばれる、ホモがたむろする海岸があるらしいのです。何故たむろってる人達がホモだと分かるかというと、彼らが全員ドシフン一丁という、ホモかさもなくば男塾生という格好をしているらしくのです。どうやら夏限定らしいのですが、女は徹底無視、男は積極誘致されるらしく、もう盛りが付いちゃってるようです。ホモの皆さんは、「男塾第三の助っ人登場!」と叫びながら輪に加わると良いでしょう。

2003年5月21日

僕の解釈

ドメインの対義語はドマイナー

2003年5月20日

ジャンケン

同僚Y君画
研修とは別に与えられている課題があります。それは班単位で作業をしているのですが、そんな作業の一コマ。発表の担当を二人に絞る必要があるけれど、立候補者は出ず。みんなやりたくなさそうだし 、さて困ったというところでリーダーの鶴の一声。「ジャンケンしよう」というわけで、担当者はジャンケンで決まりました。

大学時代、アメリカ人の教師が「日本人はスーツを着たイイ大人でも何かに困ると直ぐジャンケンで決める」と不思議がっていたのを思い出しました。思えばジャンケンというのは責任の所在を曖昧にし、尚かつ一つの合意なり結論に達することができる素晴らしいシステムではあります。でも、やはり重要な決断はジャンケンではなく、リーダーが下すべきだったのでは、と思うのです。

2003年5月19日

ツルの恩返し

死亡
講義中、採用課のU部長がひょっこりと顔を出してきて、何やらウロウロと後ろで見学。数分後、ようやくく部屋から退室したのを見届けた講師ミリタリー(仮名)が一言。 「ツルの恩返しじゃないけどさぁ、ちゃんと仕事するから、お願いだから覗かないで下さい!てな感じだよねぇ(笑)」

ナイス喩え。一同共感。

2003年5月18日

死線

昼食後、優雅にFFでも遊ぼうかとログインした途端に猛烈な頭痛と腹痛が。ツワリ!?生まれる場合に備えて大事を取ってごろん。貴重な休日はぴゅーーーーーっと 過ぎ去ってしまいました。
クロウラーの巣

2003年5月17日

会話模範例

会社で小便中、隣に社長が来て用を足し始めたときの会話模範例。

自分:ご放尿、お疲れ様です。

社長の股間を覗き込みながら

自分:さすがは社長!飛ぶ鳥落とす勢いとはまさにこのことで御座いますね。素晴らしい 水圧です。

社長:・・・・・・

自分:ほほう、イチモツもまた大変ご立派で・・・・・・先日完成した当社の○○ビルのように頼もしくていらっしゃる。しかも右肩上がり!まさに我が社の今後の業績を暗示するようですね。

社長:・・・・・・

自分:放尿の軌跡もまた見事なものでして、私、こんなに綺麗なアーチは拝見したことが御座いません。まさに、我が社の煌々たる前途を象徴する虹の架け橋と言ったところでございましょうか。

社長:・・・・・・

自分:おお!今まで一本だった放尿放物線が、根本から無数に枝分かれを!?これは、今後の我が社はグローバルな展開も視野に入れなければならないと言うことで ございますね!?社長の時代を見据えた戦略に、私感服致しております。

社長:・・・・・・(放尿終了)

真に有能なる経営者というものは、放尿一つにまでその理念が現れるものである。そして、それを読みとれてこそ、一人前の企業戦士なのだ!!

2003年5月16日

CUBE2

スケジュールに定められた研修内容終了後、自分の班は遅れていた課題作業のため8時まで居残り。それが一段落した後、研修マネージャーも一緒にラーメン屋で軽く夕食。

さて、やっと解放されたところで帰宅方向とは反対の電車に乗り、南大沢へ。今日はここにある映画館でCUBE2を見ようと決めていたのです。

というわけで、感想。常識の全く通用しない、謎の迷宮CUBE。そして、次々と狂気に取り付かれていく人々。迷宮という未知と狂気という不確定要素。 この二つの既成概念へのアンチテーゼがてんこ盛りで、どうして面白くないはずがあろうか!(反語)

映画を見終わった後、あまりの面白さに放心してしまいました。おかげで4000円する傘忘れちゃてアウチ。

2003年5月15日

秘蜜の暗号

ジャグナー大森林移動中に遭遇
同期のとある女性同僚からここだけの話という事で聞かされた、彼女と彼女の彼氏との間でだけ通じる秘蜜の暗号。暗号が意味するところは教えて貰っていないので、宜しければ皆さん一緒に考えてみましょう。
  1. び〜〜
  2. ぶ〜〜
  3. ごろん
  4. らぶ
3番と4番は何となく想像が付くのですが、1番と2番はさっぱりですね。う〜〜ん・・・・・・ライフライン使います。

2003年5月14日

仏教戦隊ブッダマン

ブッダマン
同僚Y君に借りた同人ビデオ「仏教戦隊ブッダマン」。戦隊ヒーローものなのですが、設定が色々ヤバイので一部箇条書きにて紹介。
  • 敵は宇宙宗教法人ブラック・ゴッド
  • 普通の民間人の格好をした戦闘員が一般人に掴みかかり、「神の教えを聞け」と言いながら聖書を押しつけてくる
  • 聖書の頭をした怪人バイブル・ビースト
  • 敵幹部デスザビエル将軍、ドクターマリア
  • 敵母艦テンシュドー
  • 怪人がピンチになるとデスザビエルの「イエズス界に引きづり込め!」の声と同時に母艦テンシュドーに添えつけられた鐘が鳴り響き、謎の暗黒空間へ
  • 寺院の天井が開き、巨大ロボが発進するシーンで寺院の屋根瓦が落ちまくる
  • 戦闘終了後、何の説明も伏線もなくお墓参りシーン
  • 最後のナレーション「開眼せよ、ブッダマン!」

2003年5月13日

悪いやつ

ポスター
毎日の通勤に使っている京王電鉄では、「○ッキーの悪いやつには負けないぞ!」という、浦安の大ボスを使ったパスネットカードを扱っていたようです。(既に完売) 悪いやつっと言うからには、白装束の集団や某アメリカ大統領やS.A.R.S.と戦ったりするのでしょうか?

研修後。同じ新人主催による、コンピューターに関する勉強会の最中のこと。口が特徴的なG藤さんの口をスケッチして、「こんなんだよね」と同じ班員に見せたところ、同意&やや受けの反応が返ってきて個人的に満足。しかし、S崎さん(同じ大学出身)が一言

「ビブリオ君がやるとなんかイヤらしいよね(笑)」

何もイヤらしくないのに!100メガショック!

2003年5月 9日

海のサービス精神

詩人がやっとレベル30!
目標の40まであと少し。
うちの会社、毎朝「サービス精神」なるものの唱和を朝礼で行うのですが、それの海バージョンを考えてみました。当ホームページをご覧の皆様も、海に行ったら砂浜に整列して、是非ご唱和下さいませ。 今日は会社の同僚と飲み会でしたのですが、へべれけになりながらこれを読み上げていたような気がします。その他にも、男の乳を揉んだり、乳首を露出させてみたり、チャックを開けてみたりしていたようなしていないような・・・・・・。お酒って怖い。

海のサービス精神

一.水着は乳首と股間を隠すだけの最低限の面積のものでなければならない

一.立ち居振る舞いは官能的で扇情的でなければならない

一.出し惜しみをせず、常にチラリズムに徹しなければならない

一.裸体へのあからさまな興味を含む視線には笑顔で応えなければならない

2003年5月 6日

クマの釜山

クマの釜山(写真左)とクリストファー君(同右)
GHAAAAA!僕クマの釜山!好物は人間の臓腑!ハチミツが好物なんて嘘っぱちさ!それにしても、クリストファー君の白いお腹は瑞々しい臓腑が一杯詰まってそうで、いつ見ても美味しそうだなぁ。

・・・・・・分かってるよ。台本通りにすればいいんだろ?

あっ、 ページが切れていてみんなには見えてないけど、ダムダム弾の詰まったショットガンを構えたハンターが最低10人はいて、いつでも僕を射殺できるように見張ってるんだ。

見てろよ・・・・・・いつか全員引き裂いてやる!

2003年5月 5日

限りなく疑わしきは有罪

ローブ着タル
朝からFFにログインしてパーティー組んで冒険するという非常に有意義な休日の過ごし方。最初に組んだパーティーは非常に効率も良く、何の危なげもなくお昼に解散。良いパーティーに誘ってくれてありがとう!という感謝の言葉も飛び出すほど。別れを惜しみつつもさようなら。 ところが、二つ目のパーティーはどうにもギクシャク。パーティーの構成に問題はないはずなのに、何故か死人が続出。遂にはパーティーが全滅!・・・・・・一人を除いて。というのも、何故かパーティーのリーダーがピンチになると落ちてしまうのです。さすがに、そんなことが3回も続くとパーティー内でも気まずい空気が流れ始めるものでして。当たり障りのない用事を理由に解散。蜘蛛の子を散らすようにジュノの町へみんな消えていきました。

2003年5月 1日

席替え

研修は丁度今が折り返し地点。というわけかどうかは知りませんが、班替えがありました。班替えに際しては居眠りを良くする奴ほど前に配置されるということで、多少覚悟をしていたのですが 意外や意外、新しい席は割と後ろの方でした。新しい班のメンバーは全員新人の中でも癒し系に部類される人達ばかり。

・・・・・・ワタクシ、を付いておりました。自分だけ癒し系ではなく、いやらし系でした。
いやらし系

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2003年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年4月です。

次のアーカイブは2003年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。