2004年4月アーカイブ

2004年4月26日

これだから肉を食べる国は

ガルカ
FFXI話。ウィンダスは冒険のスタートポイントの一つなので、初心者や外人がウヨウヨいます。外人は遠慮無くそのエリア全員に聞こえるモードで話をしているので、話が筒抜けだったりします。

A:俺はネカマ(ネットで女性キャラにになりすますオカマプレイヤー)を侮辱したりしないぜ?奴ら意外と繊細だからよ!

B:HAHAHA!

C:ところでよぉ、ガルカって両性具有、もしくはどちらでもないらしいぜ?

A:以前奴らのスカートの中身を覗いたとき(オイ、奴らに言うなよ?)何にも付いてなかったぜ!

B:筋肉だけだな

C:ああ、筋肉だけだ

A:全くだな。でも、あの尻尾には何か使い道がありそうだな

B:上半身のバランスを保つためじゃねぇのか?やつら足短けぇしな!

C:それを言ったらタルタルもだろ?

A:人種差別者め!

C:おいおい、俺は人種差別者じゃないぜ?どいつも気にくわないだけだ!

D:俺様の糞を買え!金がいるんだよ!

2004年4月24日

土曜日は

スマイルは0円
多少肌寒いも良い天気だったので吉祥寺にお出かけ。真っ先にパルコ7階にある雑貨屋へ。以前から目を付けているパソコンデスクをペッティング。「今日も売れなかったな、よしよし。お前は5月になったら誕生日特典30%割引サービスを利用して買ってやるぞ〜。お金はギアをだまくらかしてなんとかしてやるからな〜」 今度はフラリとGAPへ。ゴムひものユルユルなトランクスばかりだったので、新しい下着購入。

帰りに三鷹の大好きなケーキ屋Reveに寄って甘味をどっさり。支払いは商品券500円×2を提示。代金997円だったので、3円と書き直された商品券が手元に。1円玉でおつり欲しかった・・・・・・。

2004年4月23日

でーぶいでー

午前。失業保険についての説明会を受けにハローワークへ。会場受付の若い男性(さまーず大竹似)が若干東北訛りで、「これからでーぶいでーを30分見て貰います」と言ってたのだけ覚えて帰りました。 午後。一文字蛍が家に帰るのが面倒だと宿泊に。「へ〜、あいつ触手職人になるんだ。これでスクウェア・エニックスに引き抜かれたとしてもホイミスライムの触手グラフィッカーになれるね」等と世間話。
狩人

2004年4月21日

毎週日曜日朝8時半

橘:烏丸ー!お前のせいで俺のアナルはボロボロだ!

烏丸:心配ない。それは私の股間のカテゴリーAceとの融合を恐れるお前の恐怖心が生んだ破滅のイメージにすぎない。

橘:俺は臆病者だって言うのか!

烏丸:だが私は謝るつもりはない。いつかお前が恐怖心を克服し、肛門括約筋の力を緩めてくれる日を信じている。

2004年4月20日

神は最初の1週間で天地とハルカマニアを作られた

エクスタシー教団のホームページをリニューアルしてたら、いつの間にか1週間経過。その間もWeb上で求人を検索していたものの、中々「オパイに埋もれたまま、ウツラウツラする仕事」や「人妻の背後に忍び寄り、『奥さん、汁がこぼれてますよ』と甘く囁く仕事」は見つからず。 キャリアカウンセリングというのをハローワークでやっていたのを思い出したので早速チャリンコでお出かけ。受付で用件を告げると、さあどうぞと通されたのですが、どうも予約していた人と間違われたらしく。でも時間も空いてたし、まあいいや、という感じでそのままキャリアカウンセリング。

20分位の短いやり取りでしたが、取り敢えず必要な示唆は頂けました。
三鷹の商店街にあったモニュメント

2004年4月10日

陽光の下 芝生の上で

大学の先輩、小山内さんから土曜日ICU校内で飲むべ、との指令が来たので、お総菜とお酒を購入してお昼に出発。天気にも恵まれ、休日ということもあり校内の芝生の上には親子連れや学生、カップルで賑わっていました。少々早く着いてしまったらしいので、芝生に腰を下ろし、先に腹ごしらえをしつつ読書をしているとあるカップルが視界に。 学生のカップルらしい男女が芝生の上に寝そべっているのですが、イチャイチャしているうちに仰向けに寝た男性の上に女性が騎乗位に跨っていました。これが平均的カップルが野外で行うことを社会一般的に許容されているというのなら・・・・・・自分は人生の70%を損している!(涙)

2004年4月 8日

春の新番組

イチモツぶらり途中下車露出旅

2004年4月 7日

映画×映画×映画

自由になる時間ができたので、映画漬けの日々です。先日はレジェンド・オブ・メキシコ、本日はロード・オブ・ザ・リングを観てきました。 ロード・オブ・ザ・リングのポイントはずばり歯並びです。悪い奴らはみんな歯並びが悪いです。歯並びが悪い⇒不潔⇒悪という実に分かり易い図式は、映画の中のみならずアメリカ社会一般でも通用する観念で。

密かに歯並びが悪い自分は悪寄り。
呪怨チックな写真が撮れました

2004年4月 6日

サラシ

FFXI話。多人数が同時にプレイするオンラインゲーム。大抵の人が良識をわきまえた大人ですが、やはり困ったチャンが一定の割合で発生します。やたら暴言を吐いたり、モンスターを巧みに使って人を抹殺したり、限度を超えた自己中心的な行動を取ったり。 そういう人達はいつの間にか、掲示板で名前と悪事を暴露される、いわゆるサラシにあいます。

最近になって、これも立派な社会統制なんだなぁという事に気付きました。社会統制とは、簡単にいうと社会的秩序を維持するために業界、組織、個人が自発的に行う各種活動を指します。火の用心からエッチ漫画の18禁マークまで。自主規制が社会統制の代表的な形態ですね(唯一ではない)。尤も、法秩序同様、必ずしも正義が伴っているとは限りませんが。

元同期Y君はLSごとサラシに合っているそいうです。くわばらくわばら。

2004年4月 5日

男爵とペロン君

FFXI話。週末には必ずエクスタシー教団でイベントを企画しているのですが、最近は冒険から離れて、町中で鬼ごっこなぞしております。 今週は色オニ。なかなかヒートアップしたものとなりましたが、町中は意外と色彩豊かな事に気付いたので、ルールを拡張して「初期装備を来てる人」「種族ガルカの人」等を掲げて走り回っていました。

たまに遊びの原点に戻ってみるととても新鮮です。何か他にFF内に持ち込んで遊べる種目はないかと自分の少年時代を回想していると、「男爵とペロン君」という遊びを思い出しました。

他の人の股間を前から嘗めるような手つきで下から上へと撫でるのが男爵。「だぁんしゃく!」と甘くつぶやきながら行います。これに対し、背後から尻の谷間をやはり嘗めるような手つきで下から上へと撫でるのがペロン君。同じく「ぺぇろん君!」と淡くつぶやきます。ルールは特に無し!飽きたら終わり。
・・・・・・FF内に持ち込んで遊ぶのは無理そうです。

2004年4月 4日

変態仮面は一石∞鳥

「それは私のおいなりさんだ」で全世界的に有名な変態仮面のパンツを被るという行為は分析の結果、非情に理にかなっている事が判明しました。


  1. パンツを被ることで自身の変態的欲求が満たされる

  2. パンツの所有者の特技を使用することが出来る

  3. 正体を隠すことが出来る

  4. 以上興奮により潜在能力を100%発揮できるようになる

  5. 見たものを威嚇することができる


おお、素晴らしき変態仮面!

2004年4月 3日

好好

同期の寄せ書きよりその4
同居人ギアも1週間ぶりにシンガポール出張から帰ってきたので、同居人ナチとついでにBOACKも交えて外食へ。かねてから気になっていた武蔵境駅近くの美味いと噂される中華料理屋「好好」に行くことに。インターネットで仕入れた「駅南口から西に歩いて5分」という情報を頼りに探すこと十数分。見つからない・・・・・・もう他の店を探そう・・・・・・と再び駅に向かって歩いていると発見。店内は満席に近い状況でしたが、奥のテーブル席が空いていたのでホッと一安心。 こぢんまりとした店内を見渡すと、壁には至る所にマイナスイオンの啓蒙メッセージや、何故か巨大なイタリアの地図が。このお店は中国の医食同源に基づいているそうなので、前者は理解できるのですが後者は全く意味不明。手書きのメニューから適当に数品選んで、言葉と段取りがぎこちないお兄さんに注文を。

料理人のおっちゃんが一人&店内満員ということもあって料理が出るまで時間があったので話に花を咲かせました。毒の花を。いい年して我々の間でフィーバー中のデカレンジャーの話題や、BOACKドリアン臭事件等の懐かしい思い出話も。

同期の寄せ書きよりその5
話すと喉が渇くものでガバガバお冷やを飲んでいる(自分は除く)と料理人のおっちゃんからお叱りの声が。「水ハ体に悪イヨ!水飲ンジャだめ!飲ムナラ、オ茶飲メ!」中国人は椅子以外の足がついている物は料理出来るんだ、そしておっちゃんはいつでも肉切り包丁に手を伸ばすことが出来るんだ、と事実の整理を瞬時に頭の中で済ませ、「はい、気を付けます」と恭順の意思表明。

その後も「麻婆豆腐ハゴ飯ト一緒ニ食ベナイトオ腹壊ス」等とアドヴァイスを頂きながらも完食。料理の味は最高でした。おっちゃんのキャラも最高。また行きたいと思います。

2004年4月 2日

同期から貰った寄せ書きに添えられている自分らしき人物のイラストが何故か裸っぽいのが多いことに気付く。特に脱いだ覚えは無いのに何故・・・・・・
同期の寄せ書きよりその2同期の寄せ書きよりその3

2004年4月 1日

同期と飲み

同期の寄せ書きよりその1
3月末日で退社したとはいえ、諸々の手続きが残っていたので午後から青山の本社に。用事は10分で済んで暇に。 17時半から会社の同期がお膳立てしてくれた退職記念飲み会をの予定だったので、それまで映画でも観て時間を潰すべく新宿歌舞伎町へ。

丁度始まりそうだったテキサスチェインソーの券を購入して着席。2時間後・・・・・I wanna go home !!恐怖の余り口から出かかったエクトプラズムを喉の奥に押し込みつつ待ち合わせ場所に。

時間通りに来たのに誰もいない待ち合わせ場所でボンヤリ待っているとお迎え登場。みんな直接お店に行っていたとのこと。ショック!

そんなこんなで飲み開始。最近はまっている焼酎を750mlは飲んだと思うのですが、特にはっちゃけることもなく。帰り際にコーヒーグッズや寄せ書きやらを頂きました。お互いの今後の検討を祈りつつ雨の中お別れ。会社自体は最初から最後までつまらない所でしたが、同期の連中はそんな会社には勿体ないのが揃っていたなぁと思うことひとしきり。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2004年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年3月です。

次のアーカイブは2004年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。