2004年7月アーカイブ

2004年7月31日

増田まつりは地獄音頭

増田まつり行列
行って参りました、tvkで放送中のsakusakuのイベント『増田まつり』に。10時会場ということだったので、午後から混むだろうと予想。早めに出て11時頃に現地に到着しました。ところが既に地獄のような混み様。行列のできるラーメン店も真っ青の行列です。一切れのパンを貰うために並ぶ旧ソビエト圏の人たちも、こんな行列は前代未聞でしょう。折角来たの来たので、整理員の1時間半〜2時間待ちという言葉を信じて行列に並ぶことに。

それがすべての間違いでした。

最後尾プラカード
炎天下の下、徐々に失われていく水分。立っているだけで確実に消耗していく体力。更に、にわか雨なども重なり、とんだ地獄絵図。子供や年配者や、果ては妊婦までいる中、予期せぬトライアスロン大会に。皆の顔から笑顔が消え、修験者の如く険しい形相に変わるまで、そう長い時間はかかりませんでした。特に、一人で来てしまって、列をはずれてトイレやコンビニに補給にいけない人は死兆星が見えていたはずです。

結局、4時間ほど並んだ後、まだ行列の半ばまでしか進まなかったので、自分は帰りました。既に口の中は唾液も乾いてカラカラ。これ以上は体を壊すと判断。まさに骨折り損のくたびれもうけ。

SAMBA
帰路、三鷹商店街でお祭りをやっていました。サンバのリズムに乗ってパレードするお姉さん。立ち並ぶ屋台。楽しそうに行き交う人々。どこにも行列はありませんでした。

2004年7月27日

邪神モッコスの呪詛

邪神化以前のモッコス様
本日、突如パソコンがクラッシュ。いろいろ調べてみたところ、ハードディスクが昇天しちゃったようで。少しでも快適にFFを遊ぶためにチューンしていたため、2台のHDDを1台として認識するRAID構成にしており、やっかいなことに。同居人ギアから不要HDDを譲り受けてデータサルベージを図り、ダメージは最小限に抑えることができました。

今回のクラッシュ、特に心当たりはありませんでした。まさに青天の霹靂で。ただ一つ、あるとすればそれは邪神モッコス様の呪詛。Adiに教えてもらった邪神モッコス様のご本尊を調子に乗って午前中何度もリプレイしていたのが災いしたとしか思えません……

※邪神モッコスとは?

PS2ソフト、ゼノサーガ�U限定版には美少女キャラKOS-MOSのフィギュアが同梱されています。ところが、発売されるやいなや、あまりの造形の悪さに「邪神像が入ってるぞ!」という報告が全国各地から寄せられることに。フィギュア界の忌み子ともいうべきそのフィギュアは、いつしか邪神モッコスと呼ばれるようになったのです。

2004年7月26日

言葉の鞭ビシバシ

お祭り風景ウィンダスにて
Adiがフラリと我が家を訪問。ちょうどBOACKが持参したスト�Vで同居人相手にブイブイ言わせていたので、乱入。ゲーム内での勝負はともかく、「この豚野郎」などの罵倒を浴びせかけてBOACKの自尊心は一敗地にまみれていました。

Adiはいつも通りうちのソファーっで一泊。翌日、同居人ナチも交えてバーミアンで昼食の後、帰宅。

その後いつも通り図書館へ。夏休みに入ったせいか、児童が大勢いました。夏休み初日から図書館で本を読む青い果実達を尻目に、本を開いたまま居眠り。関係ないけど、ガンに関する本をうずたかく積み、読書にふけっているおじさんを見ると、色々と想像してしまいます。

2004年7月25日

ぴーひゃらり

お祭り風景
先日、同居人ナチの会社主催のお祭りに行ったのですが、FFXIの世界でも同じくお祭りをやっていると言うことでログイン。

ウィンダスの森の区に人だかりが出来ていたので、目星を付けて情報収集。カップルを作ってからモーグリに話しかけるとどこかのダンジョンに飛ばされるので、肝試しをしてくるイベントらしいです。パートナーのあてなど当然ないので、早速呼び込み開始。

Vibrio:「誰も〜♪誘ってくれないと〜♪ウサギは〜♪寂しくて死んでしまう〜♪タル男です。一緒に肝試しに行ってくれるお嬢さん募集中〜」

しばらく待っても全く誰からも相手にされないので……

Vibrioは死んだ

ほとぼりが冷めて頃に

Vibrioは蘇生した

タルっ子と浴衣
で再び呼び込み開始。3回ほど繰り返して、諦めてログアウトしようかなぁと思っていると、エルヴァーンのお嬢さんが声をかけてくれました。

地図も持っていないダンジョンに飛ばされ、右往左往指しながら目的地に到着。つつがなくイベント終了でアイテム入手。外人がエッチなバスローブと勘違いする、浴衣です。

2004年7月24日

27時間テレビ

FNS恒例夏の27時間テレビ、全部はさすがにみませんでしたが、10時間分くらいはみちゃいました。「面白くなければテレビじゃない」というテーマの元、企画されただけあって、結構楽しめる内容でした。

特筆すべき点は、サザエさんの中に中居君とナインティナインが出演していたところ。これは前例のない、かなり画期的な事じゃないかと思います。ちびまる子ちゃんに西城秀樹が出演したという話は聞きますが、サザエさんは仮にもリアルワールドとは切り離された超時空でストーリーが展開されているので、最初で最後かもしれません。関係ないけど、波平氏の職場にはパソコン類は未だ導入されておらず、効果音から察するにタイプライターが現役っぽいです。後、家族でバイキングに行くためにツルセコ節約生活を送る磯野家に同情を禁じ得ませんでした。

他には、他局とのザッピングも衝撃的でした。全く違うチャンネルで、同じ画面が映っているのは、感動的ですらありました。SMAPを使っていたからできたことじゃないかなぁと思っています。

ついでに、個人的にツボだった点。番組トリの岡村VS具志堅のボクシング対決。具志堅さんの反射神経、尋常じゃなかったです。極度の疲労を抱えていたとはいえ、若さで有利なはずの岡村さんのパンチを見切っているのが素人目にも分かりました。さすが絢爛舞……もとい元チャンピオン。

総じて、ヘタに人類愛を歌って募金活動に精を出すよりもよほど好感が持てる番組でした。

2004年7月22日

フェイスレス

FMラジオが聴けるという触れ込みにつられて購入した携帯電話、案の定部屋の隅に放って置かれています。メカとしての愛着を感じられないのが、三行半を突きつけられた理由のようです。そんな盲腸のようにただ存在するだけだった携帯、弄っていると英和辞書機能がついていることが判明。ちょっと見直しました。たまには親指でペッティングしようと思います。

話は変わって。

分からない人には分かりませんが、からくりサーカスというマンガの中に登場するアクの親玉「フェイスレス」の名前は、「顔が無い(faceless)だと思っていたのですが、実は「不実な(faithless)」という意味も併せ持っているのではないかと気付きました。誰か褒めて。

2004年7月18日

凱旋

同居人ギアがシンガポールから帰ってきました。早速疲れた体を癒すべく自室に入って灯りを付けるも……つきません。だって、リビングの蛍光灯が切れた時に彼の部屋のを略奪したから。

帰って来るなりの手厚い歓迎でした。
同居人ギア部屋

2004年7月17日

今年もオー!マイキー!

一文字蛍と東京都写真美術館へオー!マイキー!の新作フィルムを観に行きました。

一文字はバイク、自分は電車で向かい、現地集合の予定だったのですが、自分が忘れ物をしてしまい、遅刻。……と思ったら、一文字も渋滞に巻き込まれて更に遅刻したので、セーフ。

オー!マイキー!は軽快なテンポでストーリーが進行するので、作品に対する集中力が維持できて良いです。そして、妙な間が無いため、不条理さに対して心の中でツッコミを入れる前に次へ次へ。非常にハイレベルなギャグです。

劇中の中で一番印象に残った台詞。
「ラブトレインの乗車券はフェロモンなんだよ」

その後、腹ごなしの為にガーデンプレイスへ。立ち並ぶオシャレな店を尻目に、入ったのはマクドナルド。マックは大衆食。

2004年7月16日

お蔵入り企画

冷凍庫を開けたらなにやら怪しげな試験管が鎮座していました。同居人ナチに正体を訊いた所、「ガン細胞」という答えた返ってきました。

それはさておき。

『解決Before⇔After』というリフォーム番組が好きです。何か欠陥やのっぴきならない事情を抱えている家屋を、番組がその道のプロを呼んで徹底的にリフォームしちゃう番組なのですが、これをみていて閃きました。

名付けて、『先読みBefore⇔After』。

まず、番組が来週リフォームする予定の家屋の見取り図を入手(この時点でビブリオには無理)。それを元に、どうリフォームされるかを予想する、というHP用企画です。

ナレーション:薄暗く、あんなに窮屈だった玄関を抜けた先には、下半身消毒用塩素プールが。これなら、衛生面が気になるお母さんも安心です。そして、天井が低く、わずか4畳半しかなかったリビングは、壁を取り払われ、第三艦橋に生まれ変わりました。お父さんの趣味のティターンズごっこに華を添えます。

てな感じ。でも、画才と見取り図がないので、没。

2004年7月13日

火の用心

発火
本日も熱波。涼を取るために梅酒を使って梅酒ゼリーでも作ろうと、ミルクパンに梅酒を注いでアルコール分をとばしていると、突如発火!そういえば、梅酒に使うホワイトリカーってアルコール度数40度くらいあったなぁと思いつつ、すでに火には慣れっこなので静観。でも、ちょっぴりビビリったのは秘蜜。

体調がおかしかったので、ローヤルゼリーを購入・摂取し始めた所、明確に体調不良が改善されました。朝、早起きするのもまるで苦にならないし、倦怠感も大分なくなりました。ビバ、ローヤルゼリー。

この暑さだとどうしても汗を大量にかきますが、その汗の臭いが気になるお年頃です。どうも、塩素プール水の臭いがするような気がします。水道水飲んでないのに……

2004年7月12日

睡眠時無呼吸症候群

結構前から、日中突如眠たくなる日中傾眠度が増しています。本を読んでいても、テレビを見ていても、突如こらえがたい眠気に襲われたりします。なんとなく、睡眠時無呼吸症候群を疑っています。

肥満ではないものの、アゴが小さく扁桃腺が大きいのでかかりやすい人間の条件を一部満たしています、なんだかイビキもかいているような気がしますし……。

健康保険効くみたいだから、いずれ受診しようかなぁ。

それはともかく。最近、古本屋でキン肉マンのタッグ王座編以降の巻を買ってきて楽しんでいます。ツッコミどころ満載です。

カメハメの死体から謎のビームが出て映像が浮き出たり、超人墓場は早ければ半年で出てこられるし、サタンクロスが「アップアップ」と吹き出しで言いながら溺れていたり。

でも、シチュエーション的に燃える物があるし、展開が早くて早く続きが読みたくなる仕掛けになってるし、あらためて名作と思いました。

2004年7月10日

のほほん

カレルチャペック
最近は日中の灼熱地獄を図書館にて凌いでいます。というわけで、今日も今日とて三鷹市立図書館へ。館内には同じ目的の人がマグロのように転がっています。二階の学習室には、受験生と思しき若人が机に齧り付いて勉強していました。感心感心。

日が傾いて少し涼しくなった頃に、最近マイブームの吉祥寺散策。今日はカレルチャペックというハートウォーミングな紅茶屋さんを発見しました。小さな紅茶を一缶買って帰宅。

2004年7月 5日

肉壺

吉祥寺パルコの本屋をうろついていると、とあるカップルが視界に。男性が女性の尻の肉をいじくり回していました。

それを見て、あるエピソードが脳内で連想されました。広島のお祭り「とうかさん」にて、ある年。人でごった返す中、あるカップルがいちゃついていました。浴衣を着た女性の背後に立つ男性は「僕が他の人に乳を揉まれないように守ってあげるよ」というと、浴衣の裾から腕を入れてパイモミ。

話は変わって、最近吉祥寺にあるお店「にじ画廊」に注目しています。絵本作家の寄り合い所(?)のようなお店で、センスの良い雑貨が所狭しと並べられています。物欲を刺激されます。

2004年7月 3日

みつまめセット

みつまめセット
良い天気だったので、吉祥寺を散策。行動範囲を広げようと思い、巡回コースから離脱して歩いていると、「みつまめセット1000円(7人前)」と書かれた張り紙発見。ふらりと引き寄せられたそのお店、店舗というよりも、軒の下にある屋台か、もしくは吹き抜きの駄菓子屋といった風情で。

通りに面している幅は約3メートル。そこから奥に6メートルほど土間になっており、土間の入り口に中身が見える冷蔵庫が2台。しなびた良い空気が漂っています。

先客2名をおばあちゃん一人でさばいていました。すかさずその後ろに待機。先客はところてんを頼んでいるようで、おばあちゃんがところてんをすくって、年代物の箱に入れてウニューンと押し出していました。噂には聞くものの、現役で使われているのを見るのは初めて。

自分の番が巡ってきたので、みつまめセットを注文。おばあちゃんはVHSテープ4本くらいの寒天の固まりを取り出すと、今度はもうちょっと大きめの機械を取り出しました。上部の挿入口に刃物が等間隔でついており、ここで一端スライス。そしてところてん同様に押し出すと立方体となってこんにちは。

寒天は無造作にビニール袋に入れられ、赤豆・ぎゅうひ・黒蜜を添えて、はい千円。古きことはよいことかな。オーナー会議は別だけどね。

2004年7月 2日

男と女の褒め言葉

可愛いという言葉は男にとって褒め言葉にはなりません。

「まあ、可愛いおちんちん」
もし女性に、こんなことを言われたら、どんな豪傑も男形無しです。一方、
「うお!?ものごっつい肉棒やな!」
と言われれば、男冥利に尽きるというもの。

男を褒める修飾語では「可愛い」⇔「ものごっつい」という関係が成り立っているのがおわかりかと思います。

女性においては、可愛いはもちろん褒め言葉です。

「可愛い乳首やな」
といえば、どんな女性も雌としての本性を表すでしょう。ただ、男同様にものごっついも褒め言葉になります。
「ものごっついボインちゃんやな!ぼいんぼいーん」

では、女性にとって褒め言葉にならない言葉は?

ずばり、「強情な」ではないでしょうか。
「強情な乳輪やな!一体どこまで続いとるねん!」

さあ、あなたも明日から褒め上手。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2004年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年6月です。

次のアーカイブは2004年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。