2004年12月アーカイブ

2004年12月30日

2004年12月15日

2004年12月11日

夜シフト

夜シフト

2004年12月 8日

2004年12月 7日

ハウルの動く城

ハウルの動く城を観てきました。というわけで、感想。

後半、ストーリーの進行が急ぎすぎる感もありました。ただ、観賞後に考えてみると、宮崎監督の伝えたかったメッセージは全て盛り込まれており、尺を伸ばして補足したとしても全て蛇足かなぁと。それに、「登場人物の心の動き」という視点で観れば破綻も無く。

海外作家の原作だからなのか、宮崎作品には珍しくキスが多かった気がします。いやらしさを感じない、清々しい愛情表現として。(これからキス流行しそうな予感。)

もののけ姫とは違い、メッセージは単純明快だったような気がします。

子供の心は真っ直ぐで濁りがないが、間違えば他人も自分も傷つけてしまう。人を愛し、守る対象を得て始めて、子供は大人になれる。諦め・卑下・絶望は人の心を錆びつかせる。「老い」とはそういう事だ。逆に「若さ」とは生きる情熱に他ならない。若者も老人も、ようは心のありようだ。

人生は美しい。それが自分で望んだものならば尚、燦然と輝くだろう。

同僚Yのメモ
……つまり、もっと分かりやすく言うと、オッパイを触りたいなら手のひらを前に突き出してニギニギやっているだけじゃダメ。いつかオッパイの方から手のひらに飛び込んで来ると思ってたら大間違いだ!町に出てこちらからオッパイを揉みに行こう!ということだと思います。(事前に許可はとること!痴漢厳禁!

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2004年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年11月です。

次のアーカイブは2005年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。