2005年9月アーカイブ

2005年9月30日

なくても生きていける

突然ですが、ビブリオは携帯電話を持っていません。

やむにやまれず一時的に持っていたこともありましたが、結局解約してしまいました。同年代では回りを見渡す限り、多分自分だけ。気分はアウトロー。

世間では、特に若者はこれ無くして生活は考えられないくらい携帯に依存していますが、なければないでスッキリしたもの。問題なく生きていけます。

もう少し、メカとして愛着がもてる機種が出るか、あるいはYahooが参入して基本料金無料のサービスでも提供してくれれば、買ってもいいかなぁと思いますが、それまでは携帯レスライフを謳歌することになりそうです。

2005年9月27日

お腹痛い……

なんだかお腹痛いなぁと胃の辺りをさすりながら、心当たりを考えてみました。うーん、あれかな。明らかに痛んだ匂いがしていたご飯。

ビブリオは今はやりのLOHASを心がけているので、ちょっとくらい痛んでいても無視して食べてしまいます。食べ物は粗末にできないタチなのです。そんなわけで、その高潔な行為のツケがこうして今まわってきているわけですが……。

でも、さっき直りました。貧弱だけど、内臓は鍛えてますから。(シュシュ)

2005年9月26日

アフィリエイトで儲かってるんじゃないかって?

アフィリエイトを設置して半年。
変態の皆様に圧倒的な支持を頂いている我がサイトのアクセス数はうなぎ登り(誇張含む)。「当然アフィリエイトの収入も凄いんでしょ〜?」と思っているそこの貴方に内情をお伝えしましょう。

えーっと、これまで実際に銀行に振り込まれた金額は……0円!

一応ぼちぼち売れてはいるのですが。どういうことかというと、アフィリエイトって設けがある一定の金額に達しないと銀行に振り込まれないわけ。で、更に悪いことに、ビブリオは3つのアフィリエイト会社を利用しているので、いくつか広告があっても、別々に統計されているわけです。

ぼちぼち売れてるといっても、利用しているのはビブリオ当人のことが多いです。もう、半分以上。でも、たまに知らない人が利用してくれるみたいで、ちょっぴりカンゲキ。特に自分がお勧めしてる本とか売れるとヤピ〜てな気分になります。カリスマ気取り。

広告を載せているのは売り上げが目的ではないので、これ以上広告スペースを増やすつもりはないです。いつの日か銀行にお金が振り込まれるのが小さな野望です。

2005年9月18日

フェチバトン

はるまきさんからフェチバトンが回ってきました。幼少のみぎりより、エロスな人妻から頼み事をされたら断ってはならぬと厳しく躾けられてきたので、答えてみるの心。mixiで答えたときよりも、若干変化有り?

■Q1■あなたは何フェチ?

もちろん、オパーイ! いや、でも待てよ……
最近、安産型の幅広でガッシリした骨盤に何かググイと惹かれるものが……

バカバカ、自分のバカ!オパイに決まってるじゃないか!


■Q2■異性を見るときまず何処を見る?

顔。そしてさり気なく胸。 バレたら死。

■Q3■最近プッシュ出来る部位

内臓全般。
特に消化器系。


■Q4■異性の好きな部位5つ

瞳。

目は口ほどに語る、と申しますし。
でも、瞳は心が見えすぎるので、あまり見ないようにしています。

唇。

唇は粘膜に覆われています。従って、エロイ。(一部誇張含む)



指。

女性の指が好きです。

お腹。

女性は多少ムッチリしている方が好み。お腹の贅肉ぷにぷハァハァ。




最後は麗しのオパイ。

形あるものいずれは崩れる。
というわけで、大きさよりもトッピング(ビーチク)とのバランスかなぁと最近悟りを開きました。
でも、肝心のMYオパイはどこ……?(涙)

■Q5■フェチを感じる衣装は?

ロングスカート。
ムチッ!スラ。ファサ〜。
 
■Q6■バトン渡す5人

はっ!?バトンを渡そうと思ったらいつの間にか肉棒に!?
というわけで、渡せませんでした・・・

2005年9月16日

本当はハードスカトロ苦手

今日の朝方、夢うつつに妄想した事の記録。

ロイあなるミルクティー

優雅なオープンテラス。白を基調にしたロココ調のテーブル席(適当)に腰掛け、英字新聞を読むタキシードの紳士。そこにティーセットを乗せたカートワゴンを押して、ウェイトレス登場。

ウェイトレス「お客様、ロイあなるミルクティーをお持ちしました」

英字新聞をたたむ紳士。慣れた手つきで紅茶をテーブルに給すウェイトレス。

ウェイトレス「ご注文のロイあなるミルクティーでございます。それでは、ごゆっくりお楽しみ下さい」

ウェイトレス、紳士のテーブルを挟んだ向かいに背を向けて仁王立ち。「よし!」と小さく決意のかけ声を発すると、体を二つに折りまげる。と同時に、スカートの裾を背中までたくし上げる。むき出しになる尻とアナル。

紳士、アナルを鑑賞しながらミルクティーをロイヤルに飲む。ロイあなるミルクティー。
ダ〜バ〜ダ〜、ダバダバダっ、ダバダバダっ、ダ〜バ〜ダ〜……


……北海道の漫喫あたりでやらないかなぁ。


関係ないけど、アナルアナル言ってますけど、本当はスカトロダメです。尿はともかく、ウンコがダメ。自分のも見たくないです。ていうか、見ません。犬のウンコも最近やっと拾えるようになりました。それだけ。

2005年9月15日

ビブリオのアンテナ

ビブリオはラジオっ子で、テレビを見るとき以外は常にラジオがかかっています。大体81.3J-WAVE。おバカな深夜系番組もスキだけど、ラジオならではのジャーナリズム精神に溢れた番組もお気に入りです。お勧めは日曜朝5時というスンゴイ変な枠に押し込められてる不運の番組EARLY MORLEY BIRD。ちょっとだけ視野が広がったような気になります。最近はPODキャスティングといって、インターネット経由でダウンロードできる番組も提供しているようなので、興味のある方はだまされたと思って一つ。毎日配信してるっぽいです。


とことで……「コトリバコ」って知ってます?
最近知っちゃったんですけど、怖くてしょうがないです……。

オパーイ!(邪気退散)

2005年9月14日

コスプレ?

ラジオでPUFFYがアメリカのオタクの祭典「オタコン」に招かれたという話をしていました。オタク=COOLという謎の方程式がまかり通る恐ろしい時代らしいです。会場ではコスプレイヤーも大勢いたとのことでしたが、セーラー服を着たおっさんもいたらしいです。

それってコスプレ……?と思いましたが、厳密な意味では確かにコスチュームプレイなのかなぁと。限りなくグレーだと思いますけど……。

2005年9月11日

限界クエスト4その1

久しぶりにFFXI話。詩人のレベルがようやく70に達したので、限界突破クエスト4に挑戦してきました。

限界クエスト4は、マートといういけ好かないジジイとタイマンで殺り合うだけです。ただ、このジジイはアメリカの新薬で肉体改造されており、難しいと評判です。クリアできると晴れてレベル上限が上がるという寸法。

ハイポーション24をを頑張って用意しつつ、武器はレベル40の弱々短剣一本と、一体やる気があるのか無いのか自分でも分からないまま、とりあえず突撃。

案の定、ジリ貧で負けてしまいました。またハイポ揃えるの面倒くさいなぁ……。今度はちゃんと武器を用意しよっと。

その後は詩人でもシーフでもレベル上げのお誘いがかからないので、ホーネットニードル目当てでウガレピ寺院に。蜂の子を落とす蜂もレベル70なら楽勝かなぁと思ってたら……殺るか殺られるかの戦力差しかない事が判明したので、泣く泣く帰還。なんだか上手に時間が使えない一日……。

2005年9月 8日

ゴミの山から発見②

ビーストバインドという、現代の闇に巣くう半人半魔になって遊ぶテーブルトーク用の小道具。ヤオイランドのプリンス(PC)のテーマソングです。怪物くんのオープニングソングのメロディーで歌いましょう。●●●には適当なヤオイ友達の名前を入れてやってください。

ヤオイランドのテーマソング

や~おいおいおい や~おいおいおい
精力ぜ~つりん●●●は
ヤオ~イランドのプリンスだい
穴があったら入れてみたい
アナル・フェラチオ
誰でも来~い 誰でも来~い
しょ~うねん つ~かまえ
ズ~コズコ バコ~ン!
た~ちまち股間が だいふ~んか~
しょ~うねん つ~かまえ
ズ~コズコ バコ~ン!
た~ちまち股間が だいふ~んか~

2005年9月 7日

ゴミの山から発見①

色々書類を整理していたら、昔のテーブルトークシナリオ発見。その中に色々面白い物があったので、羞恥プレイの一環として公開。これは、ポエムでしか感情表現をしない少女が意味ありげに落としていくメモで、ポエム自体はクレヨン王国月のたまごのものをベースにしていたと記憶しています。
運命のシラタキ

シタラキは
ご飯と牛肉を絡める
運命の赤い糸なんですか
気がついたら
ドンブリの中でがんじがらめ
ねえ 恥ずかしいの
ドンブリにふたをして
熱が逃げてしまうから

2005年9月 5日

定期購読なのに…

TRPGサプリという雑誌を定期購読していました。1冊2500円で、3冊分前払いをしておくシステム。雑誌は3ヶ月に1冊のペースで刊行される予定でした。

ところが。

超マイナー誌で流通網が限られていたせいか、それともその強気の価格設定が災いしたのか、1年5ヶ月前に前の号が届いたまま、パタリと音沙汰が途絶えました。もう雑誌終わっちゃったのかなぁと諦め、そんな雑誌があったことすら忘れていたのですが……

今日、新刊が届きました。

2005年9月 3日

ガンダムSeed Destinyしったかぶり

川に投げ込んで、浮かんだらミーア、沈んだらラクス。

2005年9月 1日

Why?

FFXI話。競売にいらないものを出品する為にログインしていたら、外人さんから「パーティー組んでレベル上げ行かない?」とお誘いが。レベル上げの予定はなかったけど、折角なので承諾。

ジュノの入り口前でパーティーの面々と合流すると、一人の外人さんが……

「Vibrio 【サブウェッポン】【ジョブ】【竜騎士】why?(おいおい、ビブリオはどうしてサポートジョブ竜騎士なんだ?)」

「【シーフ】【サブウェポン】【ジョブ】【戦士】/【ニンジャ】【お願いします】(シーフさん、サポートジョブに戦士かニンジャないの?)」

「うう…すみません自分サポートジョブ竜騎士だけなんです……」

泣きついたら外人特有の「まあ、なんとかなるだろ」というお気楽な発送で許して貰えました。外人さんまでセオリーにはまった戦術以外許容できなくなってきているのかと、ちょっと寂しくなりました。それにしても、サポートジョブの選択肢が2種類って少ないよね……。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2005年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年8月です。

次のアーカイブは2005年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。