2005年10月アーカイブ

2005年10月28日

忘れられたバザーコメント

FFXI話。ビブリオは興味のない事はすぐに忘れてしまう鳥頭です。先日、倉庫キャラで競売前をウロウロしていたら、バザーを見た人がなにやらエモーションで/yesと反応。なんだか分かんないので、/noと応えておきました。

一体バザーコメントになんて書いてあったんだっけ……。気になって確認してみました。ちなみに、キャラクターはヒュム♀。

Revenaは通行人の舐めるような視線にそのイヤらしい身体をくねらせた。内股を一滴の雫が伝った……

ぉぅぃぇ。

2005年10月22日

チャーリーとチョコレート工場

やっとこさ吉祥寺でもチャーリーとチョコレート工場を上映する映画館が出てきたので、見てきました。以下、くどくない程度に感想〜。

久しぶりにサントラが欲しくなった映画。随所に挿入される歌と踊りは、なんだかスペースチャンネル5を彷彿とさせました。タモリじゃないですが、ミュージカルみたいに突然誰かが歌い出すと白けて、「早くこいつ正気に戻らないかなぁ」と思う方なんですが、今回は「次はどんな歌と踊りがあるのかなぁ」と期待している自分がそこに。

邦画と違って洋画がいいのは、やっぱり役者の演技力が総じて高いことでしょうか。特に、今回は子役!本気で憎たらしくなること請け合い。物語に没入するには、観客に役者が演技をしていることを忘れさせることが重要だと思います。ただ一人、「あれ?こいつ誰だっけ?」と思わせるおっさんが一名。そこで一瞬物語から冷めてしまいました。「あっ、こいつデュークー卿だ!」思い出すのに必死すぎ……。

ストーリーは古き良き童話をベースにしているので、後はそういうのが好きか嫌いか。「高度に発展した科学は魔法と同じだ」と誰かが言いましたが、オートメーションとは正しくそんな感じかも。冷たい鉄の機械が工場を支配していると考えるよりも、おとぎ話のような魔可不思議で満たされてると考えた方が、よほどワクワクします。理屈で考えるのに疲れた、昔子供だった貴方にお勧めの映画です。

2005年10月18日

ローマ料理屋タベルナ

秋からゼミに加わったフランス人と中国人の歓迎会を兼ねた飲み会があったとさ。
会場は、高田馬場から徒歩数分の場所にあるローマ料理屋タベルナ。

……色々ツッコミたくなりました。
「食事に来たのに食べるなですか?」とか、「イタリア料理じゃなくて、ローマ料理なんだ?」とか。トカちゃん。

味は可もなく不可もなく。みんながっついて口直しのパンばかり食べてたら、途中でお腹一杯になったり。
それはともかく、ゼミ生の韓国人の女の子の驚くべき食生活が判明。なんと、食事はほとんど全て韓国の母が作った物を冷凍して送って貰っているそうです。きっとどこぞのお嬢様なんでしょう。一体いくらかかるんだろうなぁ。

2005年10月17日

つまりビブリオは半死人

NO OPPAI NO LIFE

2005年10月15日

おかげさまで

おかげさまで、最近ヴァナ・ディールをウロウロしてるとサイトを見てくださってる方から手を振って貰ったり、一言声をかけて頂いたりします。ありがたやありがたや。

でも、そんな時に限って最悪のタイミングでPOLが強制終了。なんという間の悪さよ……。お心当たりのある方、すみません……。

あと、あわててキーボード入力して「始めました」とか言っちゃった。ハズカチー!明日からサーチコメントに「変態始めました」とでも載っけるかなぁ。

2005年10月13日

蒸着

「蒸着!」

B○○○Kが荒縄で蒸着亀甲縛りされるタイムは、わずか0.05秒にすぎない。
では蒸着プロセスをもう一度見てみよう!

キーワードと共に母艦である超次元高速機ドルギランから特殊軽合金グラニュームが転送され、B○○○Kの身体に付着、体温に反応して一瞬の内に白銀に輝く荒縄亀甲縛りを形成するのである。

2005年10月12日

あったら怖いウルトラの母の必殺技

八つ裂き乳輪

2005年10月11日

ゲーム帝国ごっこ

肉棒こすれあうも多少の縁ですか?

(東京都:ビブリオ)

たわけ!このイカレポンチが!……む?この場合イカレ肉棒であるか。まあ良い。肉棒がこすれあうのはすなわち、その筋のサウナの洗礼であり、ウェルカム・トゥ・ハードゲイである。次に待っているのはファイアナル・ストライクである故、多少の縁どころではないので心せよ。

2005年10月10日

花に罪はない

お昼。

横で昼食を食べる同居人ギアが頻繁にため息をつく音が聞こえ。更に、消え入るような小さな声で「俺、どうしたらいいか分からないよ」とか「何考えてるか分かんないよ」などのつぶやきも混じり。

ドクタービブリオの診断によると、これは同居人ギアが彼女と上手くいっていない時の典型的な症状です。ただ、割と重傷の様子。

そもそも、彼女との仲はつきあい始めてからこれまでの数年間、ずーーーっと微妙で、このような瀬戸際のトットちゃん的な状態は定期的に訪れていました。彼女から切り出された別れ話数回、送ったものの返事が来ないメールは数知れず……。

その度になんとか軌道修正したきたようです。沈みそうで沈まない船。でも、依然浸水中、みたいな。

彼は昼食後も苦悶していましたが、何とか彼女に会ってくると言って家を出ました。
夜。ビブリオが昼寝から起きたら、同居人ギアが帰っていました。妙に元気です。

あっ……いつものカラ元気だ……

部屋から綺麗な花束を持ってきて、生ける器を探し始めました。彼女に渡そうと思って、渡せなかった花……。


2005年10月 8日

グダグダ

BOACKとグダグダしながら……


BOACK:あーあ、世界滅ばないかなぁ。

ビブリオ:テロリストにでもなればいいじゃん。爆弾とか設計してさ。

BOACk:面倒くさい。

ビブリオ:いやいや、下剤一瓶飲んで電車に乗ってれば、それで立派な爆弾。

BOACK:バカじゃない?

2005年10月 6日

陰毛

人間は陰毛という名の密林の迷い子

最近、陰毛がマイブームです。ぶっちゃけ、付け乳首ならぬ付け陰毛とか流行りそうだと思いませんか?モジャっとしたのではなく、こう獣っぽい陰毛で。メイド喫茶も、メイドさんが付け陰毛している陰毛喫茶とか。

時代を先取りしすぎ……?

追記:付け陰毛は服の上から着用!地肌じゃないよ!何かこう……下半身だけスクール水着みたいな服装の上から。

2005年10月 3日

吉祥寺ワンダーランド2005

2005年10月 2日

Z席

S席:最前列。臨場感たっぷり。
A席:S席には及ばないけど、まずまず。臨場感もっさり。
B席:割と普通。可もなく不可もなく。



Z席:S席直下の泥風呂に首までつかって鑑賞。真性マゾにお勧め。

2005年10月 1日

納豆コーヒーゼリーサンド

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2005年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年9月です。

次のアーカイブは2005年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。