2006年2月アーカイブ

2006年2月27日

スター

友人、一文字蛍の漫画が掲載されている月刊シリウスがついに発売!あけてビックリ表紙絵&巻頭カラーじゃあ〜りませんか!中身も普通に漫画してました。奴もいよいよ漫画家か、と感慨もひとしお。

シリウスは創刊されてそろそろ1年という雑誌ですが、つまらない漫画がドンドン切られていった結果、なかなか粒ぞろいの面白い雑誌になりつつあります。最近は書店でも単行本を見かけるようになったので、一文字の活躍も含めて今後楽しみな雑誌になりそうです。



例によって、奇妙な夢を見ました。星形の布をどうやって全裸に巻いて裸を隠すか、ということを延々考察していました。辿り着いた結論は、点線の部分を股下で折り曲げ、☆の頭がおへそに届くような形がベスト、ということでした。ただ、よーく考えてみるとこれって、後ろから見たらパックリ割れたお尻は丸見え。

2006年2月25日

Yahoo!のID

うちのパソコンを弄っていた友人に、Yahoo!のIDが「エクスタシープリンス」だとバレてしまいました。

2006年2月23日

末期症状

菊一文字が卑猥に聞こえるようになったらおしまい。

2006年2月21日

うぷっ

昨日は晩酌が過ぎたみたいで、朝起きたら超気持ち悪い&頭ガンガン。いわゆる二日酔いです。こんなに酷いのは初めて。しばらくお酒は控えようっと……。

2006年2月20日

後輩がIBMとトラぶってるみたい

昨年、IBMがPC部門を中国のレノボに売り渡したのは皆さんの記憶に新しいでしょう。デルの社長なんかは、両者の事業体質が異なるから事業合併はうまくいかないよって言ったそうですが、実際うまくいってないようです。どーも、後輩が今IBMとトラぶってるようです。

事の経緯をまとめるとこんな感じ。

①パソコンが壊れたので修理に出す。
②修理完了。返送される。
③ある日サポセンから℡。用件は切り出さず。指示に従ってパソコンのメモリを確認すると、メモリが足りない。実はメモリは今サポセンの手元にある。
④後日メモリが郵送される。謝罪の手紙とIBM ThinkPadの保護ケースも。謝罪文は手書きの上、字が斜め&汚い&書いた人の所属不明。ケースはサイズ違いで使用不能。

とまあ、メモリを刺し忘れたのは不可抗力にしろ、そこからの対応がちょっとお粗末ですね。IBMのサポートセンターが対応にあたっているそうですが、中身は既にレノボっぽいです。

③で最初に事情を説明してからメモリの確認をしなかったのはおそらく、仮にメモリが足りていた場合でも、顧客が嘘をついてメモリをだまし取ろうとするんじゃないか?という疑心からの行為だと推測します。

アメリカの百貨店ノードストロームでは「顧客は常に正しい」という考えの元、どんな返品も受け付けているそうです。たとえ自社では売っていない車のタイヤだろうが。ちなみに、業績は好調。返品によるロストを、信頼とロイヤリティがペイしてくれているからです。

閑話休題。元サポセン出身者の感ですが、今のレノボのサポートは素人が一から始めているっぽいです。サポセンのシステムはIBMから譲り受けていたとしても、従業員の教育や対応は全く別物と考えていいでしょう。多分、その辺のマニュアルもお金を払えば譲って貰えたと思うのですが、レノボは不要と判断したのではないでしょうか。ここまでいくと邪推ですけどね。

2006年2月17日

コンパイルって

同じくハーバード・ビジネス・レビューから。

ぷよぷよで大ヒットを飛ばしたコンパイル。売り上げの三分の一を広告費に当てていたそうです。そら会社も傾くわな……。

地元広島の企業だったコンパイル。あそこの新入社員はピンク色のジャージを着せられ、半年くらい別の会社で丁稚奉公させられます。よく予備校の行き来で電車の中で見かけました。そういえば、こないだ帰省したときにぷよまんのお店も無くなっていたような。

なんだか時代の流れを感じました。

2006年2月15日

生きている民は百分の一を遺すだけ

たまっていたハーバード・ビジネス・レビューを読み進めています。2月号「兵法」のリーダーシップに『三国志』のリーダーシップ論というのがあったのですが、その中で横山光輝の漫画から挿絵が採用されているのに密かなオタク心をくすぐられ。

その中で、ちょっとビックリする記述発見。桓帝の時代、156年頃の人口は5000万人でしたが、赤壁の戦いの後、魏の文帝が即位した頃の221年には140万人に激減していたそうです。およそ98.2%の国民が命を落としたとか。

この時代の統計がどれだけあてになるか分かりませんが、それでも人口が半減したと考えても、相当な地獄絵図です。現代人で良かった。

2006年2月14日

YOUはSHOCK

言動が太蔵モテ王サーガの主人公に似てると某女史に言われて軽くショック。

2006年2月10日

虎のアナル

ふと思い立って「虎のアナル」で検索。やはり同じ事を考える人はいるようで、265件ヒット。「とらのあな」が13位に入っていたのにはビックリ。

2006年2月 9日

松下から

うちにも松下から温風器回収の手紙が来ました。全家庭に送付するとは聞いていたけど、いざ我が家に届いてみて初めてそのスケールのデカさを実感。企業の危機管理が徹底してる会社ならではの対応です。アメリカだと、製薬会社などがこういう時の危機管理のお手本としてよくケーススタディに登場するのですが、日本では前代未聞かも。費用は莫大だけど、返って松下への信頼感は今回の対応で上がったのではないかと思います。それを考えれば、安いもんなのかな?

2006年2月 8日

今日のエロス

秋ナスは嫁に挿入。

2006年2月 7日

今にして思えば……

先週突然の発熱でバタリと倒れ、39.4度まで発熱し、次の日にはス〜っと熱がひいたのは実は風邪ではないんじゃないかなぁと今にして思ったり。実は食中毒だったんじゃないかなぁと。その日の朝に食べたのが、スーパーで半額のシールが貼られていたかき揚げ丼。食べてからどーも消化が悪く、それも風邪のせいかなぁと思っていたけど、あれが原因だった可能性も……

というわけで、調べてみました。

うーん、素人判断は危険だけど、該当しそうなのはサルモネラ菌かなぁ。発熱と吐き気ってのがドンピシャ。潜伏期が最短10時間というのも当たってるし……。

フードハンターを自称し、腸炎菌を名乗っていながら食中毒にかかっていた可能性があるなんて、ちょっとショック。

2006年2月 6日

ヒュムユリ

リンク先で、mixiでもお世話になってるはるよママから同人誌を頂きました〜!タイトルは「ヒュムユリ」。もちろん18禁です。

オッパイと言えばはるよさん。はるよさんと言えばオッパイ。期待に股間をふくらませて早速拝見。

ポクポクポク……チーン。

エロスシチュエーションの持っていき方が巧〜い!いかにもFF内で冒険してたら!って感じ。アイテムとか魔法とか、はてはモンスターまでもはるよママの前ではエロス小道具!そっか……蜂蜜値上がりしてたのはこれの影響だったのか……みたいな。

でも、一番の見所はたまに挿入されるディフォルメされた絵と主張。あれ萌え。

そんな「ヒュムユリ」は今ならプイプイから定価500円(送料別)で絶賛発売中!

2006年2月 4日

特攻野郎

ビー・ブー・リオ。通称ビブ。エロの天才だ。(バスの)大統領だってぶん殴って見せらぁ!でも、飛空挺だけは勘弁な。

2006年2月 3日

プリティ

最近プリティ長嶋見てないなぁ。

2006年2月 1日

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年1月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。