« ハッスルハッスル | ホーム | 四段も肉が! »

2007年1月22日

蜜る

例によって土日に仕事に行くときに駅前に停めていた自転車がショッピかれてたので駅から自宅へ徒歩で歩いていたら、通りかかった八百屋で気になるものが。

一つひとつ紙につつまれた「蜜る」という完熟ミカン。8個で850円と結構なお値段です。なんだか美味しそうだったので購入。

家に帰って早速試食。確かに美味しい。でも、「果物界の肉棒革命や〜」と叫ぶほどでもなかったです。どれもハズレがない甘さだったので、ミカン好きの方はどうぞ。

コメント(4)

ミツル「俺と甘酸っぱい経験がしたいのか? いいぜ、お前の舌と指先を俺色に染め上げてやるよ。」

ビブ「うわぁっ! ミツルさんの汁が僕の目に入ってしみるよぉ。でも…おいしい…。」

…とか、1人アフレコしながらミカン食べてるビブさんかわいそう;;

一つ一つにパッケージがされててなんか高級感ありますね。そりゃ一つ百円しますよ。

> ジャケ男さん

誰がジャケ男さんに鳳凰肉棒幻魔拳をかけたー!

> タマタマ

上手いけど、コストパフォーマンス悪い食べ物だと思うので、もう買わないかも……

そしてミツルさんはビブさんの身体を通り過ぎていった男の一人となった訳です。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2007年1月22日 19:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハッスルハッスル」です。

次のブログ記事は「四段も肉が!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。