« 貯金箱 | ホーム | Tax Payer »

2007年5月17日

合成甘味料は下剤

またです。また合成甘味料にやられました。

会社で調子に乗って円柱ガム容器の中身を半分ほど食べたら、帰りに猛烈な排泄感に襲われました。全身鳥肌状態のまま、アナルを刺激しないよう立ちこぎで家まで全力疾走。

途中、「も、もうダメー!」と叫んだりしましたが、何とかいい年してウンコ漏らすこともなく、家までたどり着けました。浣腸プレイとかする人の気分はさっぱり分かりません。何が楽しいんでしょうか……?

コメント(4)

「合成甘味料をとると何故だかおなかがゆるくなってきてね、すると今までおしかくしてきたウンコしたいの欲求が頭をもたげてきた。」の境地ですな。

ともあれ無事帰宅できて何よりでしたねぇ、成人男性の多くは酔っ払う等、何かのはずみでちびってしまう事が多々あるようなので、要注意。
週末の地下鉄なんかで見かけるいい感じにできあがったとっつぁんから・・・・しますね、異臭が。

先日、テレビを観ていたら安めぐみが「おトイレを我慢するのが好き」「今、私はもの凄く我慢しているけど、周囲の人達は気が付いていない。これが好き」みたいな事を言っていました。ヤッちまうかヤラかさないかのギリギリ綱渡りが快感なんでしょうね。ボクはどちらかと言うとヤッちまう派です。

モノを出すと言う感覚に、股間のメンズビーム発射と同じものを感じてるんだと思います。

> Spur-keeさん

クライベイビーサクラと同じ理論ですな。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2007年5月17日 22:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貯金箱」です。

次のブログ記事は「Tax Payer」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。