« 郵便配達は二度ベルを鳴らす | ホーム | ビブリオ家VSマリオカートWii »

2008年5月14日

アサリと豚肉のアレンティージョ風

鍋に油を熱してタマネギとニンニクを炒めて、豚肉投入。火が通ったらとアサリとお酒を注いでふたをして蒸し焼きにし、塩で味付けしてハイできあがり。今日は最後に茹でたパスタと絡めてみましたが、ご飯とも合いそうです。レシピは先輩の紹介より。

関係ないですが、同居人がホカ弁から名称が変わった「ほっともっと」のことを「ホモ弁」と呼ぶのが激しく気になります。何かの隠語かもしれません。

コメント(9)

シンプルかつしっかりした味で、満足度も高そうな感じですのぁぁ。
アサリの出汁と豚脂はあんまし混ぜた事ないので今度やってみようかなっと。

そういえば以前自家製のハバネロでペペロンチーノ作ったら、そのまま死んでしまいそうになった事がありました。

>ホモ弁
 だいぶ前にニュース関連のとこで話題になってましたなぁ、「ほってもっと」とか「からアッーゲイ弁当」とかって。

ほも弁のホワイトソースはタンパク質100%でイカと青草の香りが特徴的な逸品です。

鉄鍋のビブが帰ってきた!
おいどんもナポリタンとか作ってたけどこれはうまそう。今度試してみます。

しかしビブリオさんの料理の腕前は大したものですね
でもホモ弁のサインを気づかないビブリオさんはすごいフラグクラッシャーですね

> ペロリンさん

アサリだけのボンゴレよりもお腹にガツンと来る感じです。
自家製ハバネロペペロンチーノは個人的にそそりますが。

ゲイ弁当!それだ!

> Spur-keeさん

というSpur-keeさんの通り魔的犯行予告。

> タマタマ

最近スーパーのお総菜ばかりで実はあんまり料理してなかった……。
食費かさんでできたからせめて休日は自炊!

> hurryさん

これ本当に簡単ですよー。料理の腕必要ナッシング!
ホモ弁は是非二丁目に進出して欲しいです。

ホモとかイカ臭い話は置いておいて

これ簡単に出来て良さそうですね。アレンティージョ風。
調べたらポルトガルの料理からきているようで。

簡単そうなのに更に不精して手抜いて作るとしたら、
豚肉焼いたところにボンゴレビアンコ缶投入して軽く煮るのが
あっという間に出来て良さそうだと思いました。
うちの家人に作るよう促しましたが渋ってるし。むふぅ

> Spur-keeさん

ボンゴレも美味しいですよねぇ。
アサリは貝付きの方がやっぱ美味しいので、貝は安いときは是非おためしあれー。

ところで先生!「くぱぁ」という擬音は、どう見てもエロ漫画で
女の子が指で股間をご開帳する音のそれにしか見えないので
やめたほうがいいと思います!

> Spur-keeさん

エロ漫画の流行も押さえる!それがびぶぶ!

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2008年5月14日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」です。

次のブログ記事は「ビブリオ家VSマリオカートWii」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。