« ノーパソ購入 | ホーム | BOACK漂流記 »

2008年5月22日

初バリウム

会社の健康診断で初バリウム飲みました。

まず、炭酸の粉薬をシロップで胃に流しみ、その後にコップ1杯のバリウムを渡されます。バリウムは昔と比べてかなり飲みやすくなったそうですが、それでも一口目でゲロリオになるところでした。

準備が整ったら可動式の台に乗せられ、その上で色々な体位を要求され、あまつさえ機械の横から突き出てきた触手でお腹をグリグリされました。いい大人が半泣きなりつつ、とんだ陵辱劇が展開されました。もうバリウムはいやー!

コメント(5)

バリウム、ヨーグルト味で美味しいのに。
それよりも炭酸の方が拷問です。ゲップするなって何。

この世の地獄は直腸カメラにこそあるのですがね。

この世の地獄は尿道カテーテル(男性限定)ですよ。
しかも慣れてないナースというオプション付。

ナース属性が根こそぎ消滅するフラグですよ・・・

> Spur-keeさん

バリウム飲んでから炭酸っていう順番じゃダメなんですかね……。
Spur-keeさんにとって直腸カメラがこの世の天国なのは理解しました。

> meariaさん

カテーテルは尿道が乾燥すると男も女も抜くのが超痛いらしいですね。
挿したこと無いですが、できればやりたくないです。

お医者さんにサディスティックな視線で、
「いいか、それを一滴もこぼさずに飲み干すんだっ!」と言われて
上目遣いで、目に涙をあふれさせながら苦悶の表情を浮かべて
何とかゴックンするビブさんを想像しました。

ああ、もちろんお医者さんは美人女医ですよ。
もちろん、みなさんも速攻で女医を思い浮かべましたよね?

> ジャケ男さん

お、おおむねそんな感じで間違っていないのですが、何かが違います。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2008年5月22日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノーパソ購入」です。

次のブログ記事は「BOACK漂流記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。