« 湯河原小旅行DSi記録 | ホーム | 閣下さん »

2009年1月18日

裏切りの館

家で洋物のボードゲームを色々遊びました。色々遊びましたが、写真は最後に遊んだ裏切りの館。

最初はみんな協力して呪われた洋館を探索するのですが、途中で誰か一人が裏切り者になります。そこから裏切り者VS他のプレイヤーとなるゲームです。誰が裏切り者になるか分からないのがミソ。

今回は自分のキャラクター「ピーター=アキモト13歳」が裏切り者に。拾ったアイテムなんかの関係で一番の武闘派キャラだったので、裏切り者超優性。次々とプレイヤーを追いかけては惨殺するも、最後の一人がクリア条件を満たしてゲームオーバー。

洋物ボードゲーム面白いかも。難点は、英語が読めなきゃいけないので、遊ぶ人を選ぶ点かなぁ。

コメント(9)

極太アナルバイブ、エネマシリンジ、ペニバン等で最強のガチ少年が誕生したのですね、わかります

女は惨殺、男は掘ると大活躍したようでなにより。

カードゲームと関係ないのですが、モッコス様って意外と小さいんですね。
今までネットで貼られてた画像とかの存在感が強すぎて
もっと大きい物とばかり思っておりました。

逆に周りのカードが馬鹿デカイ可能性もありますよ

先日友人の秋元君がドラえもんの鈴は上にずらすとギャグボールなんだぜ!って言ってたのを周りがドン引きしてた中私だけ爆笑。
これがガチメンサイトの魔力・・・!

そうかー、みんな、ビブリオさんに襲われたのかー。
まさか仲間内に裏切り者がいるとは思ってなかったろうから、
きっと後ろから襲われたんだろうなー。逃げ切れた人がいてよかった。

>たくまんさん
>逆に周りのカードが馬鹿デカイ可能性もありますよ

その考え方は思いつかなかった(笑)

どうしてもモッコス様が、愚民どもに指示を出しながら豪快に放尿なさっているようにしか見えません。

> Spur-keeさん

そんなガン責め少年がいる洋館には絶対に入りたくないにゃああああああ

> ジャケ男さん

大豪院邪鬼先輩と同じで、その存在感でデカく見えるのです。

> たくまん

どんだけー!

> タマタマ

ギャグボール!!
つか、それはガチメンサイトとは関係ないよう!

> ギア

最近、発想がガチだよ。

> ペロリンさん

この世はモッコス様を中心に動いているので、ある意味正しいです。

カードゲームやボードゲームは欧州の方が数段上ですからねぇ
カタンとかは日本人にはない発想ですしね
海外のゲームが面白いとゲームの悦楽と同時にくやしいっとおもってしまいますよ
日本の世界レベルボードゲームというとそれこそ人生ゲームしかないですしねぇ

まぁボードゲームにムキムキの男がいたいけな男を襲うGATIMENスピリッツを混入するビブリオさんは日本が世界にほこれるGATI-MENですが

> hurryさん

ガチメンではありませんが、世界有数のガチホイホイであるという事実についてはそろそろ認めざるを得ないのであります。

日本のボードゲームで世界ランクなのは……ドカポン?
いや、何か違う……

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2009年1月18日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「湯河原小旅行DSi記録」です。

次のブログ記事は「閣下さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。