« 支援物資投下 | ホーム | iPhone »

2009年3月 2日

火曜ガチペンス劇場

刑事「貴方ですね、ホモ男さんを陵辱したのは。本当のことを話してください」

ガチメン「なんのことかSAP☆PARIですね。ホモ男さんのしまりのいいケツの味なんて知りませんよ」

刑事「何故貴方はホモ男さんの尻がしまりがいいとご存じなのですか!」

ガチメン「!?」

刑事「どうなんです?やっぱり陵辱したのは貴方なんですね!」

ガチメン「だって、彼の名刺の裏にそう書いてあったもん」

刑事「あっ、ほんとだ」

コメント(7)

ビブさんのマグナムが実はデリンジャーだということは、
鼻を見ればすぐにわかることです。

ちなみに歩く時常に尻に力を入れているので、
アナルはゆるいのでしょう。

> Spur-keeさん

しかしそれはすべてミスリードを誘うための罠。
マグナムできつきつです。

・・・と容疑者は述べておりますが、実際のところは貧相でガバガバとの証言を
同居のビルダーから得ております。
あと特大サイズのアナルプラグをDNA鑑定の結果と一緒に証拠物品として提出
いたします。

意義あり!
検察側は、本件に関係のない品を提示することで、事件解決のかく乱を狙っています。
何ら根拠の無い、重要性を欠く物です。あと、臭いので早く片付けてください。

こういった流れを見ていると、みんな本当にノンケでよかったと、そう思います。

ショタのおれには関係ないな

> Spur-keeさん

そんな証拠品が提出される法廷はいやあああああああ

> ギア

Spur-keeさんの存在そのものが撹乱の原因な気がしました。

> ペロリンさん

法廷偽証罪です。

> タマタマ

天を突くドリチン。

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2009年3月 2日 21:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「支援物資投下」です。

次のブログ記事は「iPhone」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。