« このはし わたるべからず | ホーム | 卵焼き »

2009年6月14日

ガチの谷のビブシカ

すすめ
いとしいガチよ

肉棒は
肉棒はむしろ
そなたを
清めた……

ノンケこそ
そなたに
ふさわしい……

コメント(8)

雄汁まみれになった服を着て、
肉棒の野原を(菊座を)掘られながら進むんですねわかります。

でもそこまでされたらさすがにノンケとは言えなくなると思います。

スタジオビブリ作品では、もののんけ姫が好きでした。
普段はDVDを買って家で鑑賞する僕ですが、
当時はわざわざ映画館に見に行きましたよ。

ストーリーは特に思いつかなかったので書きません。

私は『紅の痴豚』が大好きでしたねー。
主人公が伊集院光似だったのがマニアックだと思いました。

ここはやはり『カリオストロマンの城』を挙げないと。

見所はビブリオ演じるカリオストロマン伯爵とガチン三世の対決。始終イキっぱなしのカリオストロマン伯爵の痴態は宮ガチ駿の真骨頂でしょう。

魔女のでりh(ty
ってガチホモねたやないやないk・・・
畜生畜生!

ユパ様が両刀使いってことだけは分かった。

ええッ!?クシャナ殿下と結婚すると
寝室で恐ろしいものを見る事になるってどう言う事ッ!?

> Spur-keeさん

乱♪乱♪らら乱♪乱♪乱♪

> ジャケ男さん

投げっぱなしジャーマンきたー!

> たまたま

その配役だとただの飛べないブタ。

> Spur-keeさん

ガチン三世のゴロの悪さにむしろ男らしさを感じました。

> サブリガ紳士さん

ガチメンともあろうものが!

> ギア

お前に俺を罵る資格がないことだけは分かった。

> 十文字

そういうことだよ!バッドラックだ!

コメントする

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ビブリオが2009年6月14日 07:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「このはし わたるべからず」です。

次のブログ記事は「卵焼き」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。